ライブハウス国分寺Morgana

1982年オープン三多摩ロックの発信地ライブハウスMorganaの情報プログです。イベント情報、アーティスト情報、出演募集などご来場のお客様、出演者にむけてのコミュニケーションの場としてお気軽にご覧下さい。

公式WEB http://www.morgana.jp 出演者随時募集中 各種お問い合わせは公式WEB問い合わせフォームよりお願いいたします。

カテゴリ: その他

バラです。

皆さんご存じの通り、先日緊急事態宣言の解除が発表されました。
ライブハウスの営業に関しても「感染防止策を徹底した上で」
6/19以降の営業再開を認めると発表されましたが、
出来る限り不安の少ない環境で音楽を楽しんで頂きたいと考えます。

Morganaでは6月いっぱいは引き続き通常ライブ営業再開を見送り、
少人数での動画配信サービスなどに限った営業を行います。

現時点では7月1日から営業再開予定ですが、
緊急事態宣言再指定の可能性もあり、
まだまだ油断できない状況です。
今後の営業に関して決定があれば、
当ブログ及びTwitterにてお知らせ致します。

動画配信サービスへのエントリーが一気に増えてますので、
早ければ6月中に配信スタート予定です。
収録の際には今まで通りの音量でバンドが見られるので楽しみ!

ということで、
何か面白い事言おうと思ったけど今回まではやめときます。
ボチボチこのブログも更新頻度アゲて、
再開に向けてテンション持って行きますよ!

ではまた近々!

バラです。

いやー早く元戻んないかな。
さすがにしんどいっすねー。
TVをつければ相変わらず毎日のように名指し。
営業再開のガイドラインとか緩い死刑みたいな感じだし。

しかし泣き言ばかり言っててもね!
アレですから!
心機一転ブログから再開って事で開き直ってテンション戻していきますぞー!

てなわけでまずは最近の仕事以外のハナシを。

「ラジオ」
僕は何かの作業中にBGMとして音楽を再生するのがあまり好きでは無いというか、
どっちにも集中出来なくなって「ンガー!」となる事が多いのですが、
ラジオとなるとなぜかラフに聴けるのでこの休業中、事務作業などの際に好んで再生してました。

はじめは以前ブログでも話した伊集院光のラジオなど聞いてましたが、
海外のアーティストとかがやってる番組も聴けるんじゃないかと探したところ、
Josh Homme (Queens Of The Stone Age...etc)
がラジオ番組やってるのを知りまして。
「The Alligator Hour」
(iTunes/ Apple Musicで聴けます)
コレがとても良いんです。
僕は英会話できないのでほぼ何言ってんだかわかんないんですが、
かかる曲が興味深い&面白い!
ドリー・パートンのジョリーンって、
有名なカントリーの曲の回転数落として再生してたり(モロにストーナー)
音楽に詳しい先輩ん家で色々聴かせてもらってるような感覚を覚えます。
かといってマニアック過ぎるわけでもなく、僕的にはちょうど良い感じ。
他にも色んなアーティストの番組あると思うんで、オススメ発見したら是非教えて下さい!
今んところTBSラジオとJosh Hommeのしか聴いてないので笑


「苦手な音楽に踏み込む」
コレは茨の道と言いますか…
特にこの状況下で特に好きじゃない種類の音楽に真剣に向き合うのはしんどいわけです。
だからこそあえて!と思いまして。
やってみると苦手なモノの再確認しただけでした笑
かつてはこの方法でPerfumeの凄さに気付いたりしたんですけど、
今回ばかしはタイミング悪かったみたいで…
結局アレコレ聴いてはハードコアパンクに逃げるの繰り返してました。
もうしばらくやーんない。


「Carcassのコピー」
ご存知の方も多いと思いますが、
所謂デスメタルのバンド。
メタルのドラムってしっかりコピーした事無かったんですが、
このバンドをチョイスした結果、
ちゃんと細部までコピーしようとするとわけわからなくなると言う沼にハマりました。
ちなみに名盤Heartworkの中から何曲か。
わけわからなくなるのが何故なのかピンと来たアナタはCarcassファンですね笑
感覚に慣れてきたら自分なりにやりやすくしちゃいそうですが。
久しぶりにツインペダル使ったり、
自分にはないフレーズなど色々と発見があって勉強になります。
そのうち意外なメンツでお披露目するかも?


「料理」
早くも出ました音楽関係ないヤツ。
自炊も繰り返せば上達するもんで、
自分で言うのも何ですがもう外でハンバーグ食べたくない。
あ、松屋のうまトマハンバーグは食べる。別格。
…この話いりますか?
まいいか。
ハンバーグに味噌とマヨネーズ入れると某びっくりチェーン店の味ソックリになるんですよ〜。
あとチャーシューというか煮豚。
今までも何度か作ってるんですが、最高傑作出ました。
何か投げやりな気分だったんで適当に家にあった調味料で作ったのに。
今までなんだったんだ一体。
先日、鎌田醤油ってメーカーのだし醤油を頂きまして、
普段使ってる醤油よりちょいとお高いんですがまあ旨い。
中でも低塩タイプのだし醤油がシンプルに旨すぎ。
チャーシューにもそれを使ったのが勝因ですね。
何のだ。
そういや中野MOON STEPの店長がプリンの作り方動画のリンク教えてくれたけど未だ作ってないな(ナオキさんゴメン)
次回はとうとう甘いのにも手を出すか…?!

うーむ。
このままだとどんどん脱線したまま全部話しちゃって次回のネタが無くなるので、
突然ですがこの辺にしときます。

Bar営業の開始も検討中ですし、
動画配信サービスの収録もいよいよ明日から始まるので、
その辺りも含めてふんわりビシッとお伝えしていければと思います!

ではまた!

毎度バラです。

昨日、初めて行ったある店でラーメン食べたら、
あまりにもスーパーギトギトでスープひと口も飲めませんでした。

あのスープ飲みきったら歩く燃料缶になると思う。
さすがにこれは初体験。


そんなわけで今回は「初めて」縛りの独り言を。


さかのぼること26年前。
中学2年生の僕は初めて聴いたTHE BLUE HEARTSの
「青空」という曲に衝撃を受けました。

歌詞と曲のハマり方があまりにも見事で、
1曲で映画1本見た気分。

この曲との出会いでパンクロックの可能性というか、
衝動一辺倒でなくても強烈なアウトプットが出来ることを
早い段階で学べた気がします。

自宅にあった叔父のアコギを持ち出して、
イントロのAのコードをコネコネするとこだけ延々弾いてました。

これが自分の意志で楽器を手にした初めての体験。
同級生の間では特にV系が流行っていたので、
すごいちゃんとギター弾ける連中ばっかだったなぁ…


そして初めてハマった海外のバンドはNIRVANA。

当時TVで放映されていた洋楽のミュージックビデオをひたすら流す番組で、
「Heart Shaped Box」って曲を聴いたのがきっかけでした。

当時の衝撃を言葉にしようとしましたが、
それができたらもはや音楽をやってないですね。

もう、とにかく全部好き。
もちろんいまだに。


初めてバンドを組んだのは、
趣味の合う友達が少なかった事もあって遅かったです。

あと募集の方法がアホだったのも原因かと。
メン募に「プロ志向もアマ志向もお断り」とか書いてましたからね…

一休さんかっつーの。


そんな僕でも18歳位の頃、
何とか人づてにベースとドラムを紹介してもらい、
3ピースのバンドを始動。

当時はメロコアが流行ってましたが、
敢えてポップパンクとサイコビリーを足して2で割れてないみたいな
今考えるとゾッとするような事やろうとしてました…。

で、
ライブ1度もやらずに解散しました。

原因はおそらく僕の支離滅裂さですね。
いまだに何がやりたかったのかわからん。


そしてまたメン募の日々を過ごしていた所、
とあるライブハウスで出会った10歳年上のギターボーカルの人に
「ベースやって」と言われまして、
バンドやりたさにベース購入して猛練習。
晴れてようやくまともにライブできるバンドを組みました。

これがステージで演奏した初めてのバンド。
ベース弾いたのもこのバンドが初めてでした。
確か20歳だったかな。

しかし2年で解散。

原因は当時ハードコアパンクに憑りつかれていた僕が、
既存の曲をどんどん速くしていったからでしょう。

またお前か。


そんなこんなでまた1からメン募。


当初はBlack Sabbathとハードコアパンクと
フリージャズと民族音楽を合体させた様なバンドを
やろうとしてました。

全然学習してない。

それでも無事ドラム以外のメンバーが見つかり、
ドラムは何名ものメンバーチェンジをしつつ作曲と練習の日々でした。

僕はベースアンプを購入してやる気満々。
でも、どうしても理想のドラマーに巡り合えないのです。

2年くらいはその状態で練習してたのですが、
とうとう我慢の限界がきて僕は初めてのドラムに挑戦。

ベーアンのローン残ってるのに。

そしてドラマーとして初めてステージに上がったのが25歳。
そんなこんなで今日に至ります。

ちなみに今はドラムもベースもやってます。




えーとですね…

この記事まとまらないし誰が読むんだろう…

初めて縛り…

あ、初めてお酒を飲ん




…今回はこのへんで!
(次回はちゃんとしますスミマセン)


バラです。

先日のブログでもお話ししましたが、
最近Apple Musicのランダム再生にハマってます。
とはいえ自分の持ってる楽曲からの再生なので未知との遭遇はありませんが、
自分ではチョイスしない並びで聴けて斬新。

今まではシャッフルとかランダムとか、
自分の意志と関係ない曲が出てくるの好きじゃなかったんですけど、
アレか。年か。
違うか。


というわけで思い付き不定期コーナー
「Baraさんのステーション」始めます。

では再生。

ちなみに3曲紹介するので、いい感じの3繋がり出るまで飛ばします。

…出ました!

「Locust Star/ Neurosis」
80年代~00年代のハードコア~ポストメタルと繋がる、
へヴィミュージックの変遷を語る上で欠かせないカリフォルニア産の黒い核、
ニューロシス。

この曲は96年リリースの「Through Silver in Blood」に収録されている、
中期前半の(現役バンドだけど)大名曲。

このアルバムからキーボーディストが変わって、
ノア・ランディスという強烈な人が入ります。
このノア・ランディス、かつてはChrist on Paradeというパンクバンドに在籍しており…
そもそもChrist on Paradeが与えた影響とは…
あーダメだこの話はじめると明後日になる。

なおNeurosis来日公演は仕事で行けなかったので、
僕の中では来日してないことになってます。

PVででかい鍵盤をバンバンぶん殴ってる人がノアです。





さてお次は
「Perfect Day/ Lou Reed」

ご存じThe Velvet Undergroundの中心人物ルー・リードのソロ作品で、
デヴィッド・ボウイとの共作「TRANSFORMER」に収録されている曲です。

この曲が再評価の土俵に上がったのは歴史的アホ映画(誉め言葉)
「Train Spotting」のサントラに使用されたタイミングでしょう。
主人公のレントンがヘ〇インをオーバードーズして
カーペットごと床に沈んでいくシーンで流れる曲が「パーフェクト・デイ」。

完 璧 。

憂鬱とも悲壮とも違う、独特の憂いを感じる名曲です。
曲自体はキャッチーでキレイな感じなんですが、
これはなるべく元気な時に聴きましょう。
フラれた後とか葬式の後とかに聴くとエライことになりますのでご注意を。

ちなみにルー・リードのwiki読んだら奥様との逸話が素敵すぎて癒されました。
良かったら是非一読アレ。

それでは映画のシーンと共にどうぞ。曲は01:30頃からです。
(閲覧注意。ドラッグのシーン、注射とか血のシーン含みます)




曲のみはコチラ ↓




思ってたよりボリューミーになっちゃいましたが
ラストはコチラ
「Blind Justice/ The Business」

oi! oi! oi!
痛快Oi Punk歴史的名盤「Suburbun Rebels」の2トラック目。
はぁぁぁカッコいい…!

Oi Punkってなんだか少年時代の夕方の様なメロディを感じるんです。
The Businessはもちろん、Cock Sparrerとかもうたまりません。
トラディショナルミュージック由来の郷愁というか…。
右左関係なく地元や仲間への愛が滲み出ている気がします。
ワーキングクラス万歳。

ところでこの曲のタイトル「Blind Justice」
envyの前身バンドの名前と同じですが、
何か関連してるのでしょうか…たまたまかな?

ファッションも最高にカッコいいのでその辺もご覧ください!




以上!
また気が向いたらやります。
リアクション無かったらやめます笑

というわけで今回はこのへんで!


毎度。バラです。

誕プレにもらった半生のカツオ節おつまみを嬉々として食ってたら
ザックリ舌噛んで死神とハイタッチしました。

イェーイ。



先日、umanomeというバンドのサポートでベースを弾く機会がありました。

サポートっていうからにはサポートできてないとまずいですよね。

ベース間違えないとか
お客さんたくさん呼ぶとか
ちゃんとドラム聴いてる?とか
グルーブが
フレーズが
コーラスが

改めて、
いざ自分が責任を負うとなっての緊張感。

吐くかと思ったze…

老害という言葉がありますが、
まさしくそこへまっしぐら突き進んでいたんだなと。

気づかず行くと口だけ番長登場待ったなしでした。

と共に、
やっぱ緊張感を持って演奏するの楽しいし、
経験値上がるの本当に嬉しいなと思いました。

…??

んん〜
早くも何が言いたいのかわからなくなってますが、
本当はこの曲を紹介したかっただけなのかも。

Descendents/ When I Get Old


曲もMVももちろんのこと、
歌詞が大好きです。
この記事で僕が言いたかった事をご理解いただけるかと思います。

和訳、ググれば出てくるんでぜひ。

最期はこういうパンクロック聴いて日向ぼっこしてたいな。

ではまた!

↑このページのトップヘ