ライブハウス国分寺Morgana

1982年オープン三多摩ロックの発信地ライブハウスMorganaの情報プログです。イベント情報、アーティスト情報、出演募集などご来場のお客様、出演者にむけてのコミュニケーションの場としてお気軽にご覧下さい。

公式WEB http://www.morgana.jp 出演者随時募集中 各種お問い合わせは公式WEB問い合わせフォームよりお願いいたします。

カテゴリ: バラ

どうも、バラです。

ひとことだけ。



辞めるんかーーーーーい!




さて。

雨が多くてヤんなりますね。


雨好きって方もいるとは思いますが、
自転車やスケボーに乗るのが大好きなのと
低気圧にめっぽう弱いのとで、
ここんとこ割と弱っております。

みなさん雨の休日ってどう過ごされてますか?

僕は本を読んだり、音楽を聴いたりしてます。

FMラジオみたいな展開になってきました。



最近バンドメンバーの引っ越しの手伝いをしまして、
その時出てきた「つげ義春」氏の漫画をいくつかもらいました。

何度か持ってたのに、
貸してはまた買うスパイラル何周かして手元に無かったのでラッキー。

早速久しぶりに読んだらやはり雨に合う。


ただこの漫画、読むとその後の1日を無為に過ごしてしまいがちなのです。
無為っていうかヤル気出ない感じ。

この後どうしようかなぁ…外出るのも雨で億劫だし、
何か映画でも…
「蜜のあわれ」とか見直したいな…
と、
ふと思い出して、バンド「paionia」のMVを見てみたんです。

というのも、
「密のあわれ」という映画は僕が好きな作家、
室生犀星の原作で監督がなんと石井岳龍氏。

「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市」など、
カオス極まるパンク映画の監督として名をはせた石井聰亙。
が、名前を変えて活動しているのが石井岳龍。


そしてpaioniaの「人の瀬」という曲のMV、
監督がその石井岳龍氏。
って事を思い出し、
だらしない思考のままYoutubeで見たらびっくり。
さっきまで読んでたつげ義春の世界とリンクするんです。

たぶんぼくがつげワールドに引っ張られてるだけなんですけど、
自分の好きな音楽や文学、漫画、映画などが繋がる瞬間って最高だなと。

好きなもんが繋がってるのは当たり前っちゃそうなんですが。


その後はなんだか元気になって雨の中を散歩しました。

paioniaとスターリン聴きながら。



では今回はこのへんで!


Doom。バラです。


最近改めて、著作権切れで¥0で読める電子書籍にハマってます。
思い出して嘉村磯多の「途上」読み返して火が付き、
ちょっと探してみたら牧野信一の鬼涙村まであるし。

そんで電子書籍で見つからなかった瀧井孝作の作品は図書館に。

ていうか図書館の便利さってヤバくないですか。
自宅に本が増えない上に読みたい本は大体ある。
巨大本棚。

これ全部タダで…なんか…申し訳ないような…嬉しいけど…

マニアックな入口でスイマセン。
誰かと私小説縛りでお話ししたい今日この頃なもんで。

私小説にハマったきっかけは
車谷長吉の「赤目四十八滝心中未遂」でして、
主人公が虚ろなモヤの中でヌラーっと茫漠に生きつつ、
危なっかしい恋にズルズル引きずられる"暮らし"の模様が、
何とも言えず好きなんです。

舞台になった滝まで実際に行っちゃう位好き。

映画もとても良いのでぜひ。

akame48


さて今回は、
” あなたの暮らしを重くする2ピースドゥームバンド ” こと
「沈む鉛」プレゼンツのイベント出演バンド紹介を。


【沈む鉛】
photo_shizumunamari


2011年、新潟で外山鉛 (Vocals, Bass)と
ABEZOMBIE (Drums, ex.GOREVENT, BIRTH ASPHYXIA)は
暗い地下室での実験を開始。
しかし実験は様々な要因により中止に追い込まれる。

2014年、バンドは復活、場所は東京。
無機質なビル群と希薄な人間関係のディストピア。
ここで新たなドラマー東福寺を迎え、実験は遂に成功した。

彼らはその発明をNWOJDM (“New Wave Of Japanese Doom Metal” )と名付けた。

2017年、デモをリリース。
2019年に台湾でのツアーを行ったのち、1stアルバムをリリース。
2021年にはデジタルシングルをリリースしている。

沈む鉛 Bandcamp



【Nightwings】
nightwings_logo
nightwings

2019年、Nori(Gt. & Vo.)、Hiroki Hamashima(Ba.)、Joe(Dr.)により東京で結成。

2021年に中国のBob Blockhead Quartetとのスプリット
「Monster Chaos Universe」(Thrashing Cult)をリリース。

今回がライブデビュー戦。

Nightwing Facebook




【バラナンブ】
バラナンブprof

2017年から活動を開始したヘヴィでグラムな「日本のロック」バンド、バラナンブ。

メンバーはYBO2からキャリアを開始し、
数々のバンドを渡り歩いた藤井政英(Vo,G)、

主にAural fitで活動し、
水晶の舟など東京アンダーグラウンドでの活動を続ける南部輝久(Dr)、

魔術の庭、The Silenceなどで活動する山崎怠雅(B,Cho)。

バラナンブ Official web




【経血】
keiketsu


2014年結成。

80年代の日本のハードコアパンクを基盤に、
現代らしい不満や生き辛さを歌にする。

経血 Bandcamp




【マグダラ呪念】
magdalene_junen (1)

2003年より活動。

数度のメンバーチェンジを経て現在、
コタ魔 魔子(G&Vo)
魅坐理 アラバス太(Dr)
のツーピースで活動中。

日本の土着的な湿度の高いドゥームロックサウンドは、
日本のみならず海外にもカルトなファンが多い。

2020年リリース4thアルバム「禁色供養」(CD、Vinyl、cassette tape)発売中。



以上5バンドにてお送りする珠玉の終末絵巻が
↓↓↓↓↓コ チ ラ↓↓↓↓↓

image0

2022/6/22(日)
沈む鉛企画
" 暮らし x 11.34 "

出演
・Nightwings
・マグダラ呪念
・バラナンブ
・経血
・沈む鉛

開場15:30/ 開演16:00
前売2,500円+1D/ 当日3,000円+1D

お気づきの方はサスガ。
こちらのイベント、開場が15時半なのです。

日曜日の夜中に終わるライブだと、
つい翌日の"暮らし"の事を考えてしまうアナタ。
心配ゴム用です。

個人的にも全バンドめちゃくちゃ楽しみなこの一日、
是非ともお見逃しなきよう!

当日は限定カクテル考案中ですので、
あわせてお楽しみくださいませ!

では本日はここまで!


ども!バラです!


暑いですな。
誠に、この上なくクソ暑い。

涼しくなる様な音楽をと思って、
ブラックメタル聴いてみたら
湿度が凄くて逆効果でした。


さて、
早くも7月が始まりましたねえ。

地球が梅雨ショートカットしたもんだから、
何かピンと来ませんが
とにかく時は止まっちゃくれないって訳です。

??
アタマ回ってないの丸出しでスイマセン。

もう行っちゃいます!
今月のピックアップイベント紹介!

まずは7/9(土)!

Morgana 40th Anniversary
"Reincarnation"

出演
・割礼
・AZARAK
・kito-mizukumi rouber
・North by Northwest
・曇ヶ原

開場/開演 17:00/17:30
前売/当日 ¥3500+1D/¥4000+1D

チケット購入
https://t.livepocket.jp/e/220709



IMG_1577

…めっちゃくちゃ強烈な布陣でございます。

このメンツでピンと来る人はもちろんですが、
例えば
シューゲイザーがドーノコーノ
サイケがウンヌン
ブルースとはモゴモゴ
な人にこそ、
是非とも全バンドご覧頂きたい。
ブチ上がる事間違いなし!


そしてもう1日
7/29(金)はコチラ!

Morgana 40th Anniversary
"MAD3・The CALLINGS 2Man GIG!"

出演
・MAD3
・The CALLINGS

開場/開演 19:00/19:30
料金 ¥2500+1D

チケット購入
https://t.livepocket.jp/e/220729

IMG_1709

ご機嫌パンクロッキン2マンギグです!

ご存知MAD3を迎え撃つは、
国分寺の虎The CALLINGS!
開演時間は遅めの19:30からですので、
Job帰りのパンクロッカー達も
塾行く振りして家を出たパンクキッズも
バッチリ楽しめるイベントです!


ということで、
6月にリリースされたMAD3の新作を紹介して今回はお開き!
以下リリースインフォです!

ではまた!

IMG_1793

MAD3 Real Cool Cats 7inch+CD & DVD

本作はEDDIEが中学生の時目覚めた
"ネオ・ロカビリー"
そして彼のライフ・スタイルである
"ロッカーズ"へのオマージュ作品となっています。
内容は80年代のネオ・ロカのエッセンスを
ギューっと凝縮したタイトル曲
『REAL COOL CATS』、
ロッカーズ全盛期の英国産ロックンロールの
フレーズがふんだんに散りばめられた、
ロッカーズのキラー◦チューンである
DAVE CLARK FIVEのカバー曲
『NO STOPPING』を収録した
アナログ7inchレコード&CDのシングル、
収録曲のMV二本映像を収録したDVDの
三枚組となっております。 
"REAL COOL CATS"では
キラキラなネオ・ロカ◦ファッション 
でMAD3初のウッドベースに挑戦!
そして"NO STOPPING"のMVでは
ロッカーズ・スタイルで
EDDIEのBSAやTRIUMPH
などのビンテージ・バイクの走行シーンは必見です!

バラです!

サクッと一曲紹介いきます!

Sangre de Muerdago
"A Danza das Animas"


ネオクラストバンド「Ekkaia」のメンバー、

Pablo C. Ursussonを中心に活動中の、

ドイツを拠点とするダークフォークでございます。

ダークフォークとかアンチフォークとか呼ばれるジャンルの様ですが、
その辺はよく知らないので割愛。

ググっても全然日本語のサイト出てこないのを見ると、
日本じゃあんまし人気ないのかなとか思っちゃうのですが、
個人的にはメロはもちろん、
世界観も見た目もツボ過ぎて大好きです。

サブスクでも何気にたくさん音源出してるし、
MVもライブ映像もYouTubeに上がってるので
気になった方は要チェック!

Bandcampはコチラ
https://sangredemuerdago.bandcamp.com/

ではまた!

↑このページのトップヘ