ライブハウス国分寺Morgana

1982年オープン三多摩ロックの発信地ライブハウスMorganaの情報プログです。イベント情報、アーティスト情報、出演募集などご来場のお客様、出演者にむけてのコミュニケーションの場としてお気軽にご覧下さい。

公式WEB http://www.morgana.jp 出演者随時募集中 各種お問い合わせは公式WEB問い合わせフォームよりお願いいたします。

タグ:ライブハウス

どうも、バラです。

ひとことだけ。



辞めるんかーーーーーい!




さて。

雨が多くてヤんなりますね。


雨好きって方もいるとは思いますが、
自転車やスケボーに乗るのが大好きなのと
低気圧にめっぽう弱いのとで、
ここんとこ割と弱っております。

みなさん雨の休日ってどう過ごされてますか?

僕は本を読んだり、音楽を聴いたりしてます。

FMラジオみたいな展開になってきました。



最近バンドメンバーの引っ越しの手伝いをしまして、
その時出てきた「つげ義春」氏の漫画をいくつかもらいました。

何度か持ってたのに、
貸してはまた買うスパイラル何周かして手元に無かったのでラッキー。

早速久しぶりに読んだらやはり雨に合う。


ただこの漫画、読むとその後の1日を無為に過ごしてしまいがちなのです。
無為っていうかヤル気出ない感じ。

この後どうしようかなぁ…外出るのも雨で億劫だし、
何か映画でも…
「蜜のあわれ」とか見直したいな…
と、
ふと思い出して、バンド「paionia」のMVを見てみたんです。

というのも、
「密のあわれ」という映画は僕が好きな作家、
室生犀星の原作で監督がなんと石井岳龍氏。

「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市」など、
カオス極まるパンク映画の監督として名をはせた石井聰亙。
が、名前を変えて活動しているのが石井岳龍。


そしてpaioniaの「人の瀬」という曲のMV、
監督がその石井岳龍氏。
って事を思い出し、
だらしない思考のままYoutubeで見たらびっくり。
さっきまで読んでたつげ義春の世界とリンクするんです。

たぶんぼくがつげワールドに引っ張られてるだけなんですけど、
自分の好きな音楽や文学、漫画、映画などが繋がる瞬間って最高だなと。

好きなもんが繋がってるのは当たり前っちゃそうなんですが。


その後はなんだか元気になって雨の中を散歩しました。

paioniaとスターリン聴きながら。



では今回はこのへんで!



お疲れ様です。
Morgana制作担当赤坂です。

お久しぶりになってしまいました。

店長がバンド紹介をしていたので、
僕も便乗してバンド紹介をしたいなと思います。
今回は僕が日本のラウドミュージックの中でも
最高に好きなバンドの一つである
「BB」を紹介したいと思います。

IMG_1597

まずメンバーのキャリアがとんでもなく豪華でして、
ex.COCOBAT、ex.DESSERT、
WRENCH、MINOIR LEAGUE
のメンバーが集結して結成されたバンドってだけでもただならぬ予感がすると思います。
そしてその音楽性は"唯一無二の激音"としか言い表せないくらい、
オリジナリティに満ちたものです。

ヘヴィであることは勿論、
プログレッシブかつしなやかに繰り出される変拍子。
メンバー個々のキャリアに裏付けされた、
高い演奏力から放たれるグルーヴ。
そこに乗るボーカルRyujiの叫びはまさに神殺しそのもの。
ただラウドなだけでは無く、
ただプログレッシブなだけではない。
一曲一曲の世界観に圧倒されること間違いなしです。
サウンドスタイルこと違いますが、
この儀式的な混沌はTOOLに比肩するレベルだと勝手に思っていたりします。

何よりBBはライヴバンドとしての実力が半端じゃないです。
ライヴというよりも一つの儀式、
決して聴き手に寄り添う事なく突き放し、
目の前で繰り出される音に圧倒されます。
これまで何度もBBのライヴを観ましたが、
ライヴを観る度に進化を感じさせられ、
どこまで凄いライヴをしても、
次のライヴは更に凄い事になるんじゃないかと思わされます。

昨年9月にMorganaにも出演して頂きましたが、
またBBのライヴをMorganaで観たいと心から思います。

そんなBBですが、
現在ドラマーを募集中との事です。

もし我こそは!!という方がいましたら
BBのオフィシャルTwitter(@BB_officialinfo)まで是非ご連絡を!!

今回はそんな所で!!
皆さまが健やかでありますように。

毎度バラです。
いまのMorganaの店長です。

言わなきゃいけない事は、
ちゃんと伝わる方法で発信しないといけませんね。

もうみんな早く忘れて。
リンチはデヴィッドだけにして。


さて。
本日も平常運転でシャッフルを。

出ました。

「Cortez The Killer/ Neil Young Crazy Horse」

まじか。

正直このタイミングでこの曲はまずいです。。。
ひとしきり涙してスッキリしたところで書いております笑


ニール・ヤングの楽曲。
オフィシャルリリースはすべて聞いていますが、
どの曲と比べても別格の超大好きな曲です。

なんか毎回Nirvena絡みの話で恐縮ですが、
クレイジーホースと言えば「Hey Hey,My My」

Hey Hey,My My

コチラももちろん大名曲ですよ。

大好きなコーパスグラインダーズもカバーしてるし泣


で、Hey Hey,MyMy聞いた直後にこの曲聴くと、


…より良い?

ㇹへ~

語彙力より気力がヘロヘロになっちゃったんで
もう曲行きますわ。。

あ、3分越えてもVo入りませんがインストでは無いです。

それではお聴きください。

「Cortez The Killer/ Neil Young Crazy Horse」




どうもバラです。

Morgana最近、こっそりステージの補修しました。

カミ手のギタリストがジャンプして着地するあたりが、
若干へこんでいる気がしたので補強したんです。

安心してジャンプし放題ですぞ。

Jump: How Van Halen Leapt Ahead Of The Competition - Dig!

さて本日はまたシャッフル再生コーナーを。
と思ったんですが、

一気に何曲も紹介するの大変なんで1曲ずつの紹介にします笑
その分更新頻度上げていきます!


それでは…

「Black Cat Bone/ Goatsnake」

出ましたスーパーストーナースター!
カリフォルニアの転がる悪魔!

このバンド、面子がとんでもないんです。

まず母体はThe ObsessedというのBaとDrでスタート。
The Obsessedは超早い時代に(キャリアは76年から!)
Doom Metalとパンクを融合させた伝説的Doomバンドです。

そしてギターはグレッグ・アンダーソン!
この人はSunn O)))という、
轟音拷問ドローンメタルのパイオニア的バンドのメンバー。
そしてアメリカのメタルレーベル、
SouthernLoad Recordsのオーナーです。

さらにボーカルのピーター・スタールは、
古くはScreamというワシントンDCハードコアバンドでVoをとり、
(Screamの2代目ドラマーはNirvanaのデイブ・グロール‼)
そしてウールというバンドを経て、ゴートスネイクに加入。

2001年にいったん解散しますが、
KYUSSのベーシストとCave Inのドラマーを迎えて
2004年に再結成。

紹介しているBlack Cat Boneという曲は、
再結成後に発表された
「Trampled Under Hoof EP」に入ってる曲です。

煙たくブルージーなヘヴィロックをバックに、
オジーオズボーンばりに歌い上げる名曲!
曲名のBkack Cat Boneは、
70年代のハードロックバンド「Bkack Cat Bones」からでしょうか。

とにかくキャッチ―で、演奏もバッチリ。
ストーナー云々は置いといても、
イカすアメリカのロックとしてしっかり通用すると思います!

それではお聴きください。

「北酒場/ 細川たかし」

「Black Cat Bone/ Goatsnake」





毎度。バラです。

誕プレにもらった半生のカツオ節おつまみを嬉々として食ってたら
ザックリ舌噛んで死神とハイタッチしました。

イェーイ。



先日、umanomeというバンドのサポートでベースを弾く機会がありました。

サポートっていうからにはサポートできてないとまずいですよね。

ベース間違えないとか
お客さんたくさん呼ぶとか
ちゃんとドラム聴いてる?とか
グルーブが
フレーズが
コーラスが

改めて、
いざ自分が責任を負うとなっての緊張感。

吐くかと思ったze…

老害という言葉がありますが、
まさしくそこへまっしぐら突き進んでいたんだなと。

気づかず行くと口だけ番長登場待ったなしでした。

と共に、
やっぱ緊張感を持って演奏するの楽しいし、
経験値上がるの本当に嬉しいなと思いました。

…??

んん〜
早くも何が言いたいのかわからなくなってますが、
本当はこの曲を紹介したかっただけなのかも。

Descendents/ When I Get Old


曲もMVももちろんのこと、
歌詞が大好きです。
この記事で僕が言いたかった事をご理解いただけるかと思います。

和訳、ググれば出てくるんでぜひ。

最期はこういうパンクロック聴いて日向ぼっこしてたいな。

ではまた!

↑このページのトップヘ